前回の続きです。3回も記事を書いてしまいました、この「もう、「あの人」のことで悩むのはやめる」という本には他の本と異なる見せ方を工夫した点があります。それが、ほとんどの悩みは「特定の他者」によって生まれていると悩みを定義づけしたことです。余談ですが私は「 ...