2014年6月2日配本で、
『エースと呼ばれる人は何をしているのか』(夏まゆみ)
という本を作りました。







この本は6万部を超えるベストセラーとなり、非常に大きな話題にもなりました。
実際、この本の刊行後、夏先生のもとには講演依頼が
ひっきりなしで届いているとのことで、とても喜ばしいことです。
講演には私も何度か参加させていただきました。

ではこの本がなぜ、ベストセラーになったのか?
またこの本をなぜ、ベストセラーにすることができたのか?
 
そこには大胆な本づくりの決断と徹底したこだわりがありました。

では、『エースと呼ばれる人は何をしているのか』には、
どんな編集の工夫やこだわりがつまっていたのか。
大きく以下のような要素があります。
 
①夏先生をビジネス書(自己啓発)の著者にした。
②アイドルの本ではなくビジネス書を貫いた。
③エースというキーワードを明確にした。
④カバーにも帯にも夏先生の写真は入れていない。
  (それどころか、代名詞であるAKB、モーニング娘。の名前も入れていない)

この4つの点を中心に解説したいと思います。
ただその前に、著者の夏まゆみさんについて少し触れておきます。

著者の夏まゆみさん(夏先生と呼ばれています)は、
私くらい(1984年生まれ)からちょっと上の年代の人なら
誰でも知っているのではないでしょうか。
「振付師」の第一人者として知られている方です。
(正確には振付師という言葉ではなく、
夏先生の言葉を借りるなら「ダンスプロデューサー」ではあるのですが…)

モーニング娘。やAKB48の育ての親として有名な方で、
昨今のアイドルブームは、
夏先生がいなかったらありえなかったと断言できるほど、
大きな役割を担った人といえます。


とくにモーニング娘。に関しては、
テレビ東京系「ASAYAN」という番組で、
当時デビューからダンスや歌などのレッスンを通して成長する姿がリアルタイムで放送されており、
そのダンスを指導する「鬼教官」として夏先生がご出演されていました。
デビューしたてのいたいけなモー娘。を厳しく指導している、
その姿を覚えている人も多いのではないでしょうか。

ちなみに「ASAYAN」という番組は、
一世を風靡した鈴木あみやケミストリーといった、
大型新人を輩出した番組ですので、
気になる方はぜひ調べてみてください。

ASAYANウィキペディア

人気の番組でしたから、
少なくとも、私の世代はほとんど「ASAYAN」を見ていたので、
夏先生の鬼指導っぷりは鮮明に記憶に焼き付いています。


そんな夏先生ですが、体調を崩されてモーニング娘。を離れられたのち、
秋元康さんからのお声かけでAKB48の立ち上げに参加されました。

一期生から三期生までは夏先生が指導しており、
「夏イズム」と呼ばれるAKBの魂というべきものを、
三期生までの彼女たちが持っていたからこそ、
AKB48はプロ集団へ成長しえたといわれています。


実際、秋元康をして、
「AKB48とは高橋みなみのことである」と言わしめた、
初代総監督高橋みなみですが、
彼女こそ夏イズムの後継者であり、
それゆえにAKBをあそこまでまとめ上げたカリスマだったといえます。


さて、ここまで書いてきた内容から察していただけたかもしれませんが、
私は、健全な範囲ではありますが、
ご多聞に漏れない一人のアイドル好きです。

ですが、それが今回のベストセラーを作り上げるうえで、
重要な要因のひとつになりました。
 というのも、今回の本の最大の特徴は、
あの鬼教官(もしくはアイドルの振付師)を著者に、
ビジネス書として作成した、というところにあるからです。


①夏先生をビジネス書(自己啓発)の著者にした。
 
今ではビジネス書の著者としての知名度もある夏先生ですが、
それまでは「アイドルの振付師」というイメージが大部分でした。
すでにご著書も出されていて、その内容を見ると、

1.ダンサーのためのストレッチ本、
2.ダイエット本
3.アイドル誕生の舞台裏

といった内容で、いずれの本も「ダンス」コーナーか「アイドル」コーナー
展開される書籍で、それが当たり前でした。
 
しかし、夏先生に教わりたい読者はむしろそこではない!
私はそう思っていました。
なぜなら、アイドルの姿に感動し、
アイドルを応援している人の多くがビジネスマンだったからです。

これは動画サイトのコメントなどを見ていると
読み取れることでした。

私も例外ではなく、
自分の人生をかけ、たゆまぬ努力を重ね、
ほんの少し前までただの素人だった女の子たちが、
プロのステージで「アイドル」として成長していく姿を見ては、ただただ感動していました。

その感動は決して小さなものではなく、
ときに「彼女たちも頑張ってるんだから自分も仕事を頑張らないと!」と
辛い日々を過ごす糧になるほど…

ではなぜ、そんなにビジネスマンが感動するのか?
その理由を自分なりに分析し、気づいたのです。
 
「アイドルが成長していく姿は、ビジネスマンたちがやりたかったけどできなかった、努力する自分の姿。」

だったのです。

熱く語りすぎですが、もっというと好きなことを仕事にし、
そのために生活も顧みず没頭し努力する、
それが「自分の理想」の姿と重なっていた。
ただがむしゃらに夢に向かって突き進んで成功する姿に、
失くしてしまった「何か」を見出していたのです!

しかも彼女たちアイドルは
ちょっと前までそこらへんにいた「普通の女の子」だった。

ここが重要です。

そんな

「自分と何ひとつ変わらない女の子」(むしろ自分よりはるかに若い女の子)が、

努力の仕方、意識の持ち方によって短期間で
一人前のプロになり、夢を叶えていく。
その裏には間違いなく夏先生の指導があり、
素人をプロに変えるエッセンスがある。
ならば、いまうまくいかないと悩んでいて、
何もないと思っている自分でも、その夏先生の指導を受ければ、
短期間で一人前のプロになれるのではないか!?

私たちビジネスマンこそ、
身につければ成長できる内容ではないか!
 
そうしてこの企画が生まれたわけです。
とはいえ、もちろん夏先生をただ単にビジネス書の著者として本を書いていただくだけでは、
これほどの作品にはなりませんでした。
 
刊行当時、本当にありがたいことに、

「夏先生でこのクオリティのビジネス書にできるのは、
本当にアイドルに愛情と情熱があり、ビジネス自己啓発のノウハウを持っているあなたくらいだ」

よくこう言っていただきました。
 
つまりアイドルの世界で生きていた「裏方」の人を
いかに表の世界であるビジネス書に落とし込むのか、
そこにはビジネス書のノウハウが必要で、
決してアイドル本やアイドル雑誌を作っている人には
できない一冊だったと言ってもらえたのです。


思いがけず長くなってしまいましたので、今回はこのへんで…
次回の記事では、②以降を解説します。
このアイドルの成長に負けず劣らず、
夏先生とがっつり取り組んだ血と汗と涙の「エース」の本づくりへのこだわりについて、
熱く語りたいと思います!

ちなみに夏先生は2/6放送の
NHK「助けて!きわめびと」に出演されるとのこと!
楽しみです!!
12666363_992835107458849_1389134332_n