【プロフィール】

綿谷翔(わたや・すすむ)
「人生を変える本づくり」を体現する編集者。
東京大学文学部社会心理学科卒業後、日本一の編集者になるために、サンマーク出版に入社。2年目に担当した『脳からストレスを消す技術』が22万部を突破し、オリコン年間ランキング実用書部門の10位を記録。「セロトニン」という言葉を広め、「涙活」を生むとともにひとつの文化として定着させた。ビジネス書や自己啓発から料理、健康、語学などの実用書まで担当するなど、手掛ける「幅広さ」と「ベストセラー率」においては日本有数の実績を誇る。モットーはマイノリティや弱い立場にいる人をマジョリティにする本作り。とくに「ニッチな分野」で活動する人の編集術には定評があり、プロフィールの見せ方ひとつで魅力を最大化し、ベストセラーを多数輩出してきた実績を持つ。
出版業界の活性化のために各種セミナーや出版スクール、立教大学などで講師を務め、10年以上にわたり、これまでのべ2000人以上に出版の面白さと「自分の魅力を最大化する方法」「いい本を作って売る方法」を教え好評を博す。2017年、出版業界の活性化、編集者の地位向上と可能性の拡大に取り組むため独立し、株式会社こはく社を設立。編集者としての活動を続けながら、著者プロデュースや大手一般企業と編集者のコラボによる冊子制作、情報サイト運営などに携わる。
出版業界についてあまりにも熱く書いたブログ「人生を変える本を作ろう」はライブドアブログの「編集部・ライターブログ」で1位を獲得。地元テレビ局では単独で特集が組まれるなど、注目を集めている。

おもな担当作に『わが家の母はビョーキです』(14万部)、『女の運命は髪で変わる』(8万部)、『奇跡の営業』『エースと呼ばれる人は何をしているのか』(いずれも6万部)などが、プロデュース作品に現在好調の『若手を動かせ』がある。



-------------------------------------------

【編集者までの流れ】

ペルーのリマで生まれ、富山県にて育つ。
中学時代、人間関係における疑問を解消できずこじらせたことがきっかけで、
人の心理を学びたい衝動に駆られ、心理学を学ぶために猛勉強し東京大学に進学。
2007年、東京大学文学部社会心理学卒業。専門は集団や個人の心理学。
卒論は「人の攻撃性」をテーマにする。
院への進学に悩むも、メッセージを届ける仕事がしたいと思い、
出版社への就職活動開始。
研究の道をあきらめた以上は、日本一の編集者にならなければと思い、
入社一年目から絶対に編集者になるため「編集者職採用」のサンマーク出版に入社する。

1年目から自身の書籍企画を手掛け、そのときの企画がヒット作になる。
2年目からは出版スクールにて、審査員やアドバイザーを務めるようになり、
20代から70代までの「著者候補生」をはじめ、
これまで2000人以上に企画書の作り方、著者になるための原則を伝える。
11年目に独立。株式会社こはく社を設立。

-------------------------------------------

【モットー】

・マイノリティをマジョリティにする
・マイナスをゼロにする本づくり
・100万部でブームを作るより10万部で文化をつくる
・日本一ジャンルが広い編集者
・「本当にいいメッセージ」を読者に届ける

いい本には、人の人生を確実に変える力があります。
私は「出版」を通して、
たくさんの人の人生が幸せになるお手伝いがしたいと思っています。
とくに、自分自身に自信が持てなかったり、
人とは違うことに悩んでいる人に対して、
「そんなことないよ」と伝えたいし、
そんな人の本こそ、
世に出して知ってもらいたいと思っています。

それは、自分自身が幼少の頃より、
普通とはちょっと違った環境で育ったからです。

海外で生まれ、弟は知的障害者、
経済事情も苦しく、
家族は離婚・再婚で離れ離れに暮らし、
いじめに遭うこともありました。

そんなとき、本に支えられました。
本は「弱い人」にぐっと寄り添う強い味方です。
これは、他のどのメディアにもない、
本だけが持つパワーです。

だからこそ、悩む一人一人に届くよう、
本当にいいメッセージを、
本当に読者のことを考えられる著者さんと、
「いい本」に込めて世に届けたい。
そう思っています。


-------------------------------------------

【講演・セミナー実績】

◎仕事が次々舞い込んで人生が180度変わるプロフィール講座(主催)
 ・インプット編(セミナー)
 ・アウトプット編(セミナー+実践ワークとフィードバック)

◎有志勉強会(著者になりたい方向けのクローズセミナー)
「人生を変える企画書を作ろう〜採用される出版企画書、プロフィールの作り方〜」

◎本気で著者になる出版ゼミ(サンマーク出版主催)
「一瞬で心をつかむ企画書のつくり方」
「知識をメッセージに変えなさい」

◎立教大学現代心理学ゲスト講師
「キャリアと心理学」

◎ネクスト出版スクール
「編集者が著者に望むこと」
「文章力養成講座」

◎西浦孝二氏主催・ベストセラーキャンプ
「構成案について」

◎T.O.P就活セミナー
「ここまで言って委員会」ゲストスピーカー等

◎丸井章夫氏出版記念セミナー
「誰でも著者になれる方法」

◎83年会定例セミナー
・「文章力」
 ⇒日本語を正しく、かつわかりやすく伝えるための書き方の基本

・「表現力」
 ⇒自分が伝えたいことを伝えるための、基本的な方法とテクニック。
  キャッチコピーを含め、短い言葉で伝えるときに抑えるべきポイントと見せ方

・「プロフィール講座」
 ⇒「ふつうの人」でも、たちまち外で勝負ができるようになる、
  自分の経験を最大限に活かすプロフィールの作り方。
  ブログやセミナーを始める際に人に認められる絶妙なポイントと絶対に必要な要素とは?

◎その他、出版スクール審査員、セミナー講師など多数。
10代から70代までの「著者候補生」をはじめ、
これまで2000人以上に企画書の作り方、著者になるための原則を伝える。

-------------------------------------------

【担当書籍】(サンマーク出版)

『愛され笑顔のつくり方』(広瀬真奈美)
『フライパン1本でできる お手軽フレンチ』(ダニエル・マルタン)
『わが家の母はビョーキです』(中村ユキ)10万部
『脳からストレスを消す技術』(有田秀穂)22万部
『髪・肌・こころに効く 3分間頭皮ケア』(大場隆吉)
『3年に一度は「勝利の方程式」を変えなさい』(寺田和正)
『レタス1枚でやせ体質になる! にがしぶダイエット』(いがらしゆらら)
『難病東大生』(内藤佐和子)
『ポートフォリオで「できる自分」になる!』(岩堀美雪)
『好きなことに、バカになる』(細野秀雄)
『「社長のヘッドハンター」が教える成功法則』(井上和幸)
『わが家の母はビョーキです2 家族の絆編』(中村ユキ)
『「イチローの成功習慣」に学ぶ』(児玉光雄)
『体が若くなる技術』(太田成男)4万部
『かわいいイタリアン』(caco)
『生きてるだけで価値がある』(松田陽子)
『脳ストレスが消える生き方』(有田秀穂)
『体の病気も心の病気も首で治る』(松井孝嘉)
『仕事は「捨てメモ」でうまくいく』(相葉光輝)
『勝負哲学』(岡田武史・羽生善治)
『健康は「内臓さん」で決まる』(伊藤裕)
『鍋ひとつでできる お手軽フレンチ』(ダニエル・マルタン)
『「あきらめ上手」になると悩みは消える』(丸井章夫)
『「おいしい」を科学してレシピにしました』(サリー)
『奇跡の営業』(山本正明)6万部
『仕事に活きる禅の言葉』(島津清彦)
『日本語の練習問題』(出口汪)3.5万部
『もしかして、うちの子はアレルギー!?』(シバキヨ)
『エースと呼ばれる人は何をしているのか』(夏まゆみ)6万部
『保育士は体育会系!』(河原ちょっと)
『免疫力をあなどるな!』(矢崎雄一郎)6万部
『相続は、「感情のもつれ」を解決すればお金の問題もうまくいく』(八木美代子)
『「即判断」する人は、なぜ成功するのか?』(小関尚紀)
『長く健康でいたければ、「背伸び」をしなさい』(仲野孝明)
『もう、「あの人」のことで悩むのはやめる』(玉川真里)
(文庫)『夢は、強く思った人からかなえられる』(夏まゆみ)
『体に毎日たまる毒をちゃんと抜く技術』(矢城明)
『女の運命は髪で変わる』(佐藤友美)8万部
『やらない決意』(井口晃)
『バンダイナムコが大切にしているたった1つの考え方』(石川祝男)
『筆談で覚える中国語』(陳氷雅)
『単語の9割は覚えるな!』(宮本大平)
『教え子が成長するリーダーは何をしているのか』(夏まゆみ)
『ナースは今日も眠れない!』(田中ひろみ)


【プロデュース書籍】
『若手を動かせ』(中村トメ吉、エイ出版)1.5万部


【プロデュース制作】
株式会社NTTマーケティングアクト
「新人マー子のお仕事日記〜職場にAIがやってきた〜」

-------------------------------------------

【趣味】
◎サッカー
(中学校の頃から継続。ポジションはGK以外すべて可能)

◎ダンス
(HIP HOPから始め、今はPOPPING。afroismのatsushiさんに教わる)

◎音楽
 YUKIとHIP HOP
(HIP HOPはRhymester、k dub shine、budda brand、kick the can crew、punpee)

◎マンガ
(1日1冊ペースで読破中)

◎ファッション
(ウン万円から100円の服まで幅広く愛する。好きなブランドはETRO、NOZOMI ISHIGURO)

◎ゲーム
(格闘ゲーム、パズルゲーム、メダルゲーム。学生時代ゲーセンで5連勝くらいすると怖いお兄さんたちに絡まれていたのが懐かしいですね)

--------------------------------------

13382331_1313085548706358_466521519_n