人生を変える本を作ろう / 高田馬場で働く編集者ブログ

「編集術」ひとつで読者の人生を変えてきた、日本一を目指す編集者のブログ。本の魅力や舞台裏、また、人生を変えるために役立つ情報をとことん伝えます。すべての人にとって「出版」が身近になる社会を創るために、セミナー講師、審査員、マスコミ就活アドバイスなどでも活躍中。

カテゴリ:出版業界の話

私たち編集者は日々コンテンツをゼロから生み出す仕事をしているわけですが、コンテンツの見せ方が異なれば、受け取る意味も変わってくるし、どのように届けるか、という方法も変わってきます。前回の記事「ネット作品を書籍化するときに大事な2つのこと」でも書きましたが ...

今回の記事は、とある方からのご要望に応えまして、次の議題に対して、答えたいと思います。それは、「ネットから書籍化される作品が増えているけれど、 なぜ、ネットで読んでいると面白いのに、 書籍化すると物足りない感じがするのだろう?」というテーマについてです。 ...

いま、宝島社から刊行されている『翔んで埼玉』というコミックエッセイが、劇的に売れています。このマンガがすごい! comics 翔んで埼玉 (Konomanga ga Sugoi!COMICS) [単行本]魔夜 峰央宝島社2015-12-24 常日頃、コミックエッセイを担当したいと思っている私からすると、あ ...

先日、出版科学研究所が主催する、ブロンズ新社の若月眞知子代表取締役・編集長のセミナーを聴いてきました。ご存じない方も多いかもしれませんが、ブロンズ新社といえば現在、最も勢いのある出版社のひとつです。とくに近年は絵本の出版社として、確固たる地位を築いていら ...

↑このページのトップヘ